米国ETFの買い注文の入れ方(楽天証券)

株投資ハウツー

「投資信託」と「ETF」の詳しい違いは、また別の記事で説明しますが

どちらも投資のプロにお任せをして運用してもらう投資方法です。

「ETF」は、上場している「投資信託」で手数料の安さが特徴です。

今回は、楽天証券を使った購入の手順を見ていきましょう。

スポンサーリンク

注文するETFを選択する

「VEA」バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF

の買い注文を入れたいと思います。

楽天証券のスマートフォンアプリ「iSPEED」を起動します。

「VEA」と検索すると、今回買い注文を入れたい米国ETFのVEAが表示されます。

詳細を開いたら、画面右上の「注文」を選択します。


今回は、購入をしたいので「買い注文」を選択します。

条件を指定する

今回は、数量を「2株」とします。

毎月1万円をこのVEA バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETFに積み立てをするため、予算に近い金額にするためです。

数量以外にも、執行の希望期間や口座区分などが指定できます。

決済方法については、人によっては為替手数料もしっかりコスト管理したい場合もあると思いますが、今回は日本円でそのまま決済します。為替手数料はかかりますが、あまり大きなコストではないので、私はこのまま進めていきます。


楽天証券口座に預り金はありますか?


米国ETFの買い注文を入れる際、決済方法が「円決済」「外貨決済」どちらの場合であっても、証券口座内に預り金がないと注文することができません。

預り金がない場合は、楽天証券への入金の仕方をご確認ください。



条件内容を確認し、問題なければ「注文する」を選択します。

これで、注文照会に「買付」で執行待ちの注文が1件追加されました。

約定の確認

注文が執行されると約定照会に表示されるようになります。

無事に注文が確定したことを確認できました。


楽天証券では、ETFの定期積立ができないため、

毎月積み立てを行いたい方は、自分で都度注文を出す必要があります。

少しずつ積みあがっていく資産を楽しみながら、続けていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました