最強の節約術【楽天経済圏】スタートガイド

お得なネット通販

・この先、給料が増えるか心配

・節約してお金を貯めたい

・継続できる節約術を知りたい

そんなことを考え始めたあなたに、必ず読んでほしい内容です。


毎月もらった給料から、保険や家賃・住宅ローン、日々の食費や子どもの学費など、必要な支出は増える一方

何も考えず普通に生活していると、なかなかお金って貯まりませんよね。

それどころか減っていくことも。

何とか節約をして貯金を貯めたいと考える方も多いはず。

でも、節約も簡単ではありません。

しかし、もし生活スタイルを大きく変えることなく、手軽に節約できるとしたらどうですか?

ここでは「楽天経済圏」を上手く活用し、無理なく節約!さらには投資までできてしまうお得な方法をお伝えします。

スポンサーリンク

「楽天経済圏」とは何か

「楽天経済圏」とは、楽天が展開する70以上のサービスからなります。

日本最大規模のインターネット通販モール「楽天市場」をはじめ、ホテル宿泊「楽天トラベル」やクレジットカード「楽天カード」、格安携帯「楽天モバイル」、キャッシュレス決済「楽天ペイ」など、実に様々。

その中心にあるのが「楽天ポイント」です。

楽天ポイントは、楽天のサービスだけでなく、街の中でも使える店舗が増えています。つまり、お金と同じように買い物の支払いに使えるのです。


「楽天経済圏」のメリット・デメリット

「楽天経済圏」をおすすめするには、理由があります。

■メリット

それは、これまでの生活スタイルを大きく変えることなく節約ができるからです。

普段と同じことをしているだけなのに、なぜかお金(ポイント)が貯まっていく仕組みを活用しましょう!

私たちの普段の生活の中に、楽天経済圏のサービスはたくさん存在しています。

例えば、スーパーの支払いを「楽天カード」にするとポイントをゲットできます。

さらに貯めたポイントを「楽天証券」で株式投資をすることも可能です。


■デメリット

ほとんどメリットしかありませんが、あえてデメリットを挙げるなら

ポイントに目がくらんで余計な物の購入に注意することです。

「本当にいま必要なのか?」を自分に問いかけてから、商品を購入するように心がけましょう。

どのくらいお得になるの?

2020年5月9日時点

筆者は、「楽天クレジットカード」の利用からスタートしました。

楽天市場では毎月ショッピングをするようになり街での買い物支払いも楽天クレジットカードです。

最近は「楽天ペイ」になったので、財布からカードを出すことすら無くなりました。

もちろん、毎月貯まるポイントは楽天証券を使って株式投資にもまわしています。

その傍らでは通販会社を経営しており、どっぷり通販の生活となっています。

過去に付与されたポイントは100万円分を超えています。

本当に大きな節約に繋がっていると実感しますね。

「楽天経済圏」の始め方

さて、ここからは実践です。

実際に「楽天経済圏」をうまく活用していくための方法をお伝えしていきます。

参加の準備

①楽天の会員登録
②エントリーでお得に
③必須!「楽天カード」
④「楽天銀行」の開設
⑤スマホのアプリを用意

①楽天の会員登録(無料)

まずは楽天の会員登録を行いましょう。

5分程度で終わるので、同時進行でやってしまってOKです。

登録はもちろん無料ですよ。

楽天市場サイトはこちら≫


②エントリーでお得に

スタートボーナスチャンスにエントリーしておきましょう!


③必須!「楽天カード」(年会費無料)

楽天ポイントを最大限活用するためには、「楽天クレジットカート」が必須です。

公共料金の支払い、コンビニでの買い物など、様々な支払いを楽天クレジットカードにするとことで、金額に応じてポイント還元されどんどん貯まっていきます。

年会費は永年無料なので、持っていても維持費がかからないのも嬉しいですね。

「楽天ペイ」アプリをスマホに入れておけば、街での買い物でもクレジットカードを出すことなくスマホで支払いができます。アプリでポイントを使用して買い物をすることもできるので便利ですよ。

今ならポイントプレゼントキャンペーン中です!せっかくならプレゼントも受け取っちゃいましょう。


④「楽天銀行」の開設

楽天カードが手元に届くまでに、「楽天銀行」の口座を開設しておくことをおすすめします。

できれば、「楽天証券」も開設するとベストです。

「楽天銀行」と「楽天証券」の講座を連携させるマネーブリッジで、金利が0.1%に上昇します。

楽天銀行の詳細はこちら≫


⑤スマホのアプリを用意

少なくとも以下の5つのアプリを用意しておくと良いと思います。

「楽天市場」
「楽天PointClub」
「楽天カード」
「楽天ペイ」
「楽天銀行」

初級~ポイントが貯まる仕組みづくり~

①キャンペーンを見逃さない!
②毎月かかる固定費を楽天経済圏へ!
③楽天カードを使う!

①キャンペーンを見逃さない!

楽天は、いつも様々なキャンペーンが開催されています。

毎月定期的に開かれるイベントもあれば、ゲリラ的に行われるキャンペーンもあります。

1つ前の項目でご紹介した5つのアプリを定期的にチェックして、お得なイベントがあればエントリーするようにしましょう!

いくつエントリーしても無料なので、遠慮なくエントリーだけでもしちゃいましょう。

②毎月かかる固定費を楽天経済圏へ!

電気代や水道代など、毎月かならず支払う固定費を楽天カードで払うように、切り替えましょう!

例えば、「電気代」「水道代」「ガス代」「光通信費」「携帯代金」などですね。

毎月10万円分の支払いがあれば、1,000ポイント貯まります。

年間12,000ポイントですよ!絶対にお得です!

③楽天カードを使う!

上記の固定費に加えて、スーパーでの食材費、車のガソリン代、美容室代、コンビニのジュース代など、金額の大小にかかわらずお支払いは全て楽天カード

毎月の出張にかかる「飛行機代」「ホテル代」なども楽天カードで支払っていますので、貯まるポイントはかなり大きいです。


中級~ポイントの上手な貯め方~

①楽天市場でお得にショッピング!
②楽天ペイを活用!

①楽天市場でお得にショッピング!

「楽天経済圏」で1番お得のポイントを貯める方法

・・・それはズバリ

楽天市場でショッピングをすることです。

楽天の仕組みを最大限活用できれば、ポイント還元率20%以上も可能です。

大切なのは「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」「買いまわり」の2つを満たすことと、5の倍数の日に購入することです。

「楽天スーパーセール」と「お買い物マラソン」の日程は見逃さないようにしましょう。



「ふるさと納税」の買い物も楽天市場を使うことで、一気にポイントを貯めることもできます。


楽天ふるさと納税はこちら≫


楽天ペイを活用!

「楽天カード」と「楽天ペイ」を連携させているので、「楽手ペイ」で支払いが出来る店舗ではアプリを使います。

貯まったポイントで支払いができるので、もったいぶらずに使うのもおすすめです。

ポイントが有効期限で消滅してしまうことも防げますよ。

上級~ポイントで投資~

①「楽天証券」でポイント投資!
②まずは少額で積立からスタート!

①「楽天証券」でポイント投資!

「楽天経済圏」で上手に節約しポイントを貯められるようになったら、最後のステップです。

それは、貯まったポイントを投資にまわすことです。

お金やポイントは貯めているだけでは増えていくことはありません

あまり気付いていない方も多いようですが、

実は、インフレや消費増税など環境の変化によって支払う金額は増えていく状況では、貯めたお金やポイントの価値は減っていくのです。

例えば、

以前は100円のジュースを1,000円で10本買えたのに、 消費増税とインフレでジュースが110円になると同じ1,000円でも9本しか買えなくなります。

以前は100円のジュースを1,000円で10本買えたのに、

消費増税とインフレでジュースが110円になると

同じ1,000円でも9本しか買えなくなります。

つまり持っている1,000円の価値が下がるという現象が起きるのです。

そこで大事になるのが「投資をすること」です。

投資は、お金を増やすチャンスがある一方で、減ってしまうリスクもあります。

投資用に現金を用意するのではなく、楽天ポイントを投資の原資にするのがミソです。

楽天が還元してくれたポイントなので、減ってしまっても生活に困ることはないはずです。

減っても困らないお金で投資をするのが、リスクとうまく付き合う方法です。

②まずは少額で積立からスタート!

投資初心者には長期的にコツコツ積み立てていく「積立投資」がおすすめです。

・毎月1日に500ポイントを投資する

と設定すると、自動的に毎月積み立てられてきます。

これは「ドルコスト平均法」というやりかたです。

毎月決まった金額を購入すると、

・株価が安い時はたくさん買える

・株価が高い時はちょっとだけ買う

ということになり、平均コストを低く抑えられる効果が期待できます。

ちなみに、毎月500ポイント以上をポイント投資をすると、SPU得点を1つクリアすることになって楽天市場でのポイント還元率が1%アップします。

買い物でポイントがもらえて、そのポイントで投資ができて、さらに買い物のポイント還元率が増える。

嬉しい仕組みですね!

投資にはデメリットがありますが、しっかり理解したうえでリスクの低い方法でうまく投資をしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました